聖徳学園大学 eGifuNet液晶講座2008 今年も夏に開催します!
 2007年 8月1日・2日に岐阜聖徳学園大学岐阜キャンパス学生会館2階ホールにて岐阜市内の小中学生対象に液晶講座を開催しました。
 液晶は先端技術です。液晶は情報化社会の表示板の主役です。その液晶の性質を利用してアクセサリーを作成!先端技術を持つ一面を体験してみよう!
夏休みの自由研究にしたい!!そんな子にもオススメだよ♪

自由研究の例
@工程をまとめる
A作業中の様子を絵でまとめる
B液晶をスケッチする
Cデジカメで記録
D液晶の色の研究

日 時
@8月1日(水) 午前
10時より 1時間程度
A8月2日(木) 午前10時より 1時間程度

会 場:〒5008288
岐阜市中鶉1丁目38番地

岐阜聖徳学園大学 岐阜キャンパス 学生会館2
地図

募集人数:各回20
(希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。)

費:350円/セット(当日徴収します。)

注  意
・小学生の参加希望者は、保護者同伴でご参加ください。

  (保護者の方で作成する場合は上記の材料費をいただきます。)
・兄弟で参加の場合は備考欄にご記入ください。
・作業しやすい服装でご参加ください。
・抽選結果は当選者のみメールまたは電話で連絡さしあげます。
        《個人情報は本講座の連絡のみに使用します。

講座の流れ
<画像去年の作業風景1
1.注射器に入った液晶をガラス管へ入れる。
<画像去年の作業風景2
2.ガラス管の口を接着剤でふたをする。
<画像去年の作業風景3
3.接着剤が固まる前に金具をつける。
<画像去年の作業風景4
4.接着剤が固まったら、ストラップを取り付ける→完成
かならず守る点
ガラス管が割れたら素手でさわらない。。
軍手などを手にはめて割れたガラス管をそっとつかんで厚紙(新聞紙)などで包んで普通ゴミとして捨てます。少量の電球やセトモノと同じ扱いです。
安心できる点
液晶の材料は害がありません。
食べても害はありませんが、のどに詰まる場合があるので食べないでください。
連絡先

岐阜聖徳学園大学 経済情報学部 教授 伊藤
E-mail   e-ekisho@it3.gifu.shotoku.ac.jp
電話番号 0582780770
講義の為電話に出ることが出来ないことがありますので、連絡は出来る限りメールでお願いします。)